あなたの公共事業受注に向けて 全力でサポート!

横浜市・神奈川県の経営事項審査(経審)は、行政書士 清水すなお事務所へ

相談は無料 平日夜、土日も対応

御社へお伺いのうえ、最適な
プランをご提案いたします。
平日夜、土日も対応。

幅広いサポートプラン

お客様のニーズに合わせた
最適なプランがお選びいただけます。

経審だけではない ワンストップサービス

会社設立、建設業許可、
各種申請まとめてご依頼いただけます。

経営事項審査とは?

経営事項審査について

経営事項審査とは「経審」(けいしん)とも呼ばれています。公共工事への入札を希望する建設業許可業者が、自社の経営状態や経営規模などについて、客観的な評価を受けるための審査のことです。

公共工事の入札に参加を希望する建設業許可業者は、経審を受けることが義務付けられています。また、経審を受けるためには、建設業許可の取得が前提になります。

経営事項審査を受けるメリット

経営事項審査(経審)を受けるメリットは、大きく2つございます。
1.公共工事への入札資格を取得でき、信用を大きくすることができます。
2.元請からの工事受注が増えます

建設業許可を取得している全ての建設業者が「経審」を受けている訳ではございません。 公共工事への参加資格を取得する経審を受けることにより、元請・地方公共団体等からの信用を大きくすることができます。

また、経審を受けると、入札参加資格者として会社の情報もオープンになります。経審での客観的な情報によって、元請から「この会社は○○工事に定評がありそうだな。今回の工事をお願いしようか。」、「この会社は30年以上の実績もあり、信用できそうだな。」と、工事発注者の目に留まり、工事受注の可能性が高まります。

サービスの流れ

  1. STEP1  お問合せ
  2. STEP2  無料相談・打合せ(直接訪問し、ご要望・要件などを確認致します。)
  3. STEP3  資料・必要書類のご準備→申請書類作成
  4. STEP4  打合せ(書類内容を確認し、押印をして頂きます。)
  5. STEP5  経営状況分析(Y点)の申請
  6. STEP6  経審(総合点・P点)の申請
  7. STEP7  経審申請の審査(結果通知までに約1か月かかります。)
  8. STEP8  経審結果通知書の取得
  9. STEP9  入札参加資格のご準備、申請(自治体などにより、書類・手順など異なります。)
  10. STEP10  入札参加資格の認定

お客様の声

有限会社玉城建設(神奈川県横須賀市・土木工事・とび/土工工事・ほ装工事業)

経審_玉城建設

最初は、自社で経審・競争入札を行おうと思い、いろいろ調べていましたが、内容も複雑なので、対応できる行政書士をネットで調べました。
清水さんのところは横浜でしたが、試しにメールを送ったところ、対応も早かったので、仕事も早いだろうと思い、お願いしました。

こちらの状況に合わせて、訪問してくれたり、細かい要件にもその場で確認して頂けるので、助かります。また、決算前から税理士の先生とも連携して、経審対策をして頂けるので、頼りになります!

経営事項審査(経審)の申請は、専門の行政書士清水すなお事務所にお任せ!

経営事項審査(経審)申請は、建設業許可と同じく複雑な申請の1つです。
経審申請を受理されるには、経審の全ての要件をクリアーしていることが条件と言っても過言ではありません。

経審申請を行うためには、財務諸表のデータを詳細に入力した上で、登録機関に申請したり、完成工事高を2年平均か3年平均に選択するかなど複雑な判断を求められます。

工事経歴書も、請負金額が大きい上位5件までは、契約書、発注書などの確認資料が求められ、申請工事種目と合致することが必要です。

また、経審申請には、何十種類の書類を準備し、細かい要件にも気を配る必要があります。
こういったことは、弊所のような専門家であっても丸々一日要します。

お客様がご自身で経営事項審査(経審)申請をされる場合には、間違いなく、それ以上の時間がかかるでしょう。

行政書士清水すなお事務所では、これまでの経験を基に、あなたの経審申請をスムーズに対応致します。決算前に顧問税理士と打ち合わせをすることで、Y点対策を行います。また、面倒な書類の突合せを一つ一つ確認してまいります。

経審CTA