経営事項審査とは

経営事項審査について

経審の評価項目

工事中

経審の評点は「経営規模等」と「経営状況」の大きく2つにわかれています。

「経営規模等」は、建設業の許可行政庁(大臣許可は国土交通省関東地方整備局などの各地方整備局長、知事許可は神奈川県などの各都道府県知事)が審査を行います。

「経営状況」は国土交通大臣の登録を受けた、民間の登録状況分析機関が決算書に基づいて分析を行っています。

 

経営規模等の評価項目

大きく以下の4つの評価項目があります。

 

評価項目記号
完成工事高X1
自己資本額および平均利益額X2
技術職員数および元請完成工事高Z
その他の審査項目(社会性等)W

 

※その他の審査項目(社会性等)の項目は、「労働福祉の状況」、「建設業の営業継続の状況」、「防災活動への貢献状況、法令遵守の状況」、「建設業の経理状況」、「研究開発の状況」、「建設機械の保有状況」、「国際標準化機構が定めた規格による登録の状況」、「若年の技術者および技能労働者の育成および確保の状況」になっています。

 

経営状況の評価項目

評価項目とさらに経営指標があります。

 

評価項目 経営指標 記 号 
負債抵抗力 純支払利息比率 X1 Y 
負債回転期間 X2
 収益性・効率性  総資本売上総利益率 X3
 売上高経常利益率 X4
 財務健全性  自己資本対固定資産比率 X5
 自己資本率 X6
  絶対的力量 営業キャッシュ・フロー X7
 利益剰余金 X8

 

 

総合評定点(P)の算出方法

経営規模等の各評点と経営状況の評点に一定のウエイト(係数)をかけた数値になります。

P=0.25(X1)+0.15(X2)+0.20(Y)+0.25(Z)+0.15(W)

(各評点にウエイトをかけて算出された数値(小数点以下も含む)を合計したうえで、小数点以下第1位を四捨五入します。)

 

項目ごとの評点分布状況

各項目ごとに上限値、下限値、総合評定値Pを100%とした場合の割合です。

 

  X1 X2 Y Z W P
上限値 2,309 2,280 1,595 2,441 1,919 2,136
 下限値 397 454 0 456 0 281
 ウエイト25%15%20%25%15%100%

 

総合評定値は、土木一式工事、とび・土工工事など各業種ごとに算定されます。
そのうち「完成工事高評点(X1)」と「技術職員数および元請完成工事高評点(Z)」は申請した各業種ごとに算出され、その他の「自己資本額および平均利益率(X2)」「経営状況(Y)」「その他の審査項目(社会性)」の評点は同一の数値の加算になります。

 

横浜市、神奈川県で経審のお考えの方は、当事務所へご連絡ください。

 

経審CTA